vol.15  「シルクの種類」
こんにちは!
丸安毛糸株式会社・素材企画部の小林康子です。

今日はシルクについてお送りします。

一般的なシルクのまゆです。(家蚕)


野蚕のまゆです。


高級な天蚕糸のまゆです。

シルクは大きく分けて「家蚕糸」と「野蚕糸」があります。

「家蚕糸」はカイコを屋内で飼います。
桑の葉だけを食べて育ちます。

「家蚕糸」には繊維の長いフィラメント状の「生糸(キイト)」と、生糸にできない短い繊維を紡績した「絹紡糸」があります。

「絹紡糸」でも特にネップなどの多いやや質の悪いシルクを使ったものが「絹紡紬糸(ケンボウチュウシ)」です。

「野蚕糸」は屋外で放し飼いにします。

「野蚕糸」は「柞蚕糸(サクサン、タッサーシルクとも呼ばれます)」ととても高価な「天蚕糸」などがあります。

昔は日本でもたくさんのシルクが作られていたそうですが、着物文化から洋服へ移り代わり、今ではほんの一部でしか作られていないそうです。
ちょっとさびしいですね。
(先日テレビのニュースで皇居の蚕に桑の葉をあたえる行事が放映されていました。皇居でとれた絹は、海外の来賓の方々に配られる贈答品になるそうです。)

今は主に中国とブラジルが原産国だそうです。

「MARUYASU  Knit  GALLERY」は3月16日配信予定のvol.7から、
HTML形式でお届けします。
テキスト形式をご希望の方は、お手数ですが
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
までご連絡ください。
素朴な疑問大歓迎です!

●メルマガのご意見ご感想はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp

●送信停止のご要望はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
(タイトルに、配信不要とだけ書いてください。)   


MARUYASU corporation

小林 康子   YASUKO KOBAYASHI
TEL   81-3-3633-5561
FAX   81-3-3633-5531
www.maruyasu-fil.co.jp
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp