vol.101  「撚り回数」のお話
こんにちは、
素材企画部の大久保千聖です!

ホームページ更新しました!
トピックス追加しました。
TOPページ→トピックス→糸の作り方

www.maruyasu-fil.co.jp


今年はうるう年ということで、今日は29日です。
閏年(うるうどし)とは、
昔・・・学校で習ったような・・・
曖昧な記憶だったので調べて見ました。

日にちと季節のズレ修正するための1日なのです。
1年=365日
とされています。
が、本当は約365.25日です。
0.25日をどう過ごすのかが問題になり、
0.25日×4年=1日

4年に1回、1日増やすことで0.25日の問題を解消しました。

1年間365日のままでうるう年が無かったら
377年たつと季節が逆になるそうです!

紀元前46年古代ローマで決められたもので、
日本は120年前、西洋の暦を取り入れました。




09SS「PITTI FILATI」
のBOOKも揃い始めました!
お越しの際は是非ご覧下さい。




応援メールお待ちしています。
こんな事を調べて欲しい。疑問に思った事など
ご意見お待ちしています。

maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp


「撚糸回数」のご紹介です。

糸は撚り回数によって分類されます。

糸の撚り数は、
その糸の強さ・柔らかさ(風合い)・表情
に影響を与えます。

糸は撚り回数によって分類されます。
はっきりとした基準はありませんが、
およそ・・・

*無念糸・・・・0回/m

*甘撚り糸・・・300回/m以下






*並撚り糸・・・300〜1000回/m






*強撚糸・・・1000回/m




と分類されます。










08-09AWコレクションで人気の素材
「バロン」2/68
テンセル  70%    ウール  30%

もやや強撚糸です。
この糸の撚り数は・・・720回/m





そして、
08SSコレクションで人気の素材
「オルテンシア」1/33
綿  100%

は超強撚糸です!

撚り数は・・・1000回/m

レース柄がキレイに編め、おすすめです!
ニット用の糸の場合
・・1200回/mが限界だと言われているそうです。

織物の場合はもっと撚り回数を入れているようです。

同じ糸なのに、ニット用は撚り回数が少なくなる
理由は・・・

以前のメルマガ(Vol90)「糸の撚り(斜行)のお話
www.maruyasu-fil.co.jp/magazine/index.html

でご紹介したように、
ニット用の糸は、斜行を防ぐため糸のバランスが重要になってきます。
糸の撚りを強くし、尚且つバランスを保とうとすると回数に限界が出てきます。
1000回/m撚糸するには、かなりの技術が必要なのです。

☆今週も読んで頂きましてありがとうございます。☆



☆NEWS☆


製品部より新コーナー



オリジナルサンプルのテクニックなど製品に関わる豆知識を詳しくご紹介します。

**********vol1「天竺袋ばさみリンキング」************




前回紹介した、
ワンピースの袖口部分のクローズUPをします。

シフォンとニットの組合せの場合、
写真のような袖の仕様がいかがでしょうか?

共地を使ってのパイピングではなく、
あえてニットらしさを引き出す為

天竺袋ばさみリンキングの仕様になっています。

リブ組織のダブル付けの仕様もありますが、

厚みが増してしまいます。

シフォンとの組合せということもあり、
薄く仕上がる仕様です。


このようにデザインの雰囲気や機能的な部分で始末の方法も さまざまです。
そんな、さまざまな仕様をこのコーナーでは
紹介していきます。
よろしくお願いします。

☆今週も読んで頂きましてありがとうございます。☆

☆NEWS☆


☆丸安毛糸のホームページ更新しました☆

トピックス更新しました。
メルマガでご紹介した素材の知識や糸・加工などなど・・・・

ホームページでは、情報量がプラスされています。
↓↓↓
www.maruyasu-fil.co.jp



☆NEWS☆
***Madrigal(マドリガル)***
69色のストックサービス
1/4.5 ウール 80% アンゴラ 20%

アンゴラを黒く染めたダークな新色完成!
大きめなネップが特徴のネップヤーンです。


08-09AWおすすめBOOKです!
「MARUYASU Knit GALLERY」のバックナンバーが
丸安毛糸のホームページから見られるようになりました。
ぜひ、見てみてください。
www.maruyasu-fil.co.jp/magazine/index.html

「MARUYASU  Knit  GALLERY」は3月16日配信予定のvol.7から、
HTML形式でお届けします。
テキスト形式をご希望の方は、お手数ですが
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
までご連絡ください。
素朴な疑問大歓迎です!
調べて、お答えいたします!
スワッチ・BOOK依頼も大歓迎です!

●メルマガのご意見ご感想・スワッチ、BOOK依頼・はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp

●送信停止のご要望はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
(タイトルに、配信不要とだけ書いてください。)   


MARUYASU corporation

大久保 千聖   CHISE OHKUBO
TEL   81-3-3633-5561
FAX   81-3-3633-5531
www.maruyasu-fil.co.jp
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp