vol.106  「ヤクのお話」
こんにちは、
素材企画部の大久保千聖です!

もうすぐ、ゴールデンウィークですね。
もう予定は立てましたでしょうか?
ちなみに私は、実家のある山梨へ帰ります。
今の時期は、新緑がキレイだと思われます。
山が多いので・・・

気温も上がってきて、社内では半そでの方も見られました。


09SSのプレゼンも始まっています。
是非お越し下さい!

まず、お電話下さい。プレゼンルームの予約を行います。
TEL:03-3633-5561



ホームページ更新しました。
ウール倶楽部の進化をご紹介しています。

2月に行われたPITTI  FILATIの
写真も揃いました。
300枚近くあるPITTIやミラノ店頭写真は見ごたえあります。

お越しの際は是非ご覧下さい。


応援メールお待ちしています。
こんな事を調べて欲しい。疑問に思った事など
ご意見お待ちしています。

maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp




”ヤク”
という繊維があります。

ご存知ですか?
ヤクは、動物(哺乳類)です。
動物園で見れるかと思います。

そうです、天然繊維の動物系の繊維に分類されます。



ヤクの繊維としての特徴は・・・

保温性防水性高いヤクは真冬でも暖かく、
カシミヤと並ぶ高級天然繊維です。
細く長い繊維は光沢があり、弾力性が強いという事は、
シワになりにくい素材です。


防寒性はカシミヤ以上だそうです。

ヤクは、主にモンゴルの高原の一部と、
チベットの大部分に生息しています。
標高4000〜6000メートルの所だそうです。
富士山よりも高い山です!

その地域の約半分は寒冷な砂漠地帯、永久積雪地あるいは氷河地帯です。
この厳しい気候の自然を生き抜くヤクだからこそ
あたたかいヤクウールが育つのです。




ヤクの写真です。↓↓↓

体調およそ3メートル
体重500kg

ウシ科の動物ですが、「ブウブウ」と鳴くそうです。




製品部より



オリジナルサンプルのテクニックなど製品に関わる豆知識を詳しくご紹介します。

**********vol3「クローズアップ」************


前回紹介した、布帛つきニットの
胸元部分と袖口部分を
クローズアップします。


胸元部分は編み続きで
リブの切り替えになっています。

裾の仕様に多く用いられますが
胸元での切り替えでは
デザインのアクセントになります。



また、Vol1で紹介した
<天竺袋ばさみリンキング>
このサンプルでも袖口に使用しています。

袖口がタックの仕様になってすが、天竺袋リンキングに使用することによって
タック部分の縫い代をきれいに始末してくれます。



メルマガでご紹介している製品は、丸安毛糸4階プランニングルームに展示してありますので、
いつでも実際に触ってご覧いただけます。


☆今週も読んで頂きましてありがとうございます。☆



★丸安毛糸のホームページご覧下さい★

ウール倶楽部の更新しました。
進化したウール倶楽部の紹介をしています。

↓↓↓
www.maruyasu-fil.co.jp



「MARUYASU Knit GALLERY」のバックナンバーが
丸安毛糸のホームページから見られるようになりました。
ぜひ、見てみてください。
www.maruyasu-fil.co.jp/magazine/index.html



「MARUYASU  Knit  GALLERY」は08年4月よりテキスト形式を中止いたしました。
    今後もHTML形式のみでお届けします。


素朴な疑問大歓迎です!
調べて、お答えいたします!
スワッチ・BOOK依頼も大歓迎です!

●メルマガのご意見ご感想・スワッチ、BOOK依頼・はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp

●送信停止のご要望はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
(タイトルに、配信不要とだけ書いてください。)   


MARUYASU corporation

大久保 千聖   CHISE OHKUBO
TEL   81-3-3633-5561
FAX   81-3-3633-5531
www.maruyasu-fil.co.jp
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp