vol.111  「09-10AW  PITTI  FILATIの情報」
こんにちは、
素材企画部の大久保千聖です!

気温も30度近くまで上がる日が多くなり、
梅雨も重なって毎日蒸し暑い日が続きます。
体調管理には、ご注意下さい。

皆さん夏の予定は立てていますか?
わたしは、花火大会とプールに行く予定です。
ちなみに、弊社(両国)付近の情報ですが、 隅田川の花火大会は26日(土)です。


今日のメルマガは、

09-10AW  PITTI  FILATI

の情報です。

今回のテーマは
「Eco...Equo...Friendly」
自然と環境保護とフェアトレード(公正貿易)の概念、今までのファション・贅沢の意味を変えつつある 新たな市場の動き方とデザインを目指すものです。
自然と技術の交流を探ると同時に自然農業から生まれたものではない繊維の生産は 環境に負担をかけない方法をとるなど、環境保護を考えていかなければならないと訴えています。




今回PITTI FILATIに行った向山さんにインダビューしました。


[大久保](以下[大])会場の雰囲気はどんな感じでしたか?

[向山](以下[向])多くの人で賑わってました。
        特に中国系の方が多く感じましたね。

      トレンドブースの様子は、
      編み地が筒状に垂れ下がっていて、その上にモニターがあり、
      自然の森や鳥・昆虫などの映像が流れていました。

      木をモチーフにしたもの。
      特に幾何学的な模様をジャガード・プリント柄が多かったです。



[大]糸のトレンドで特徴的なものはありましたか?

[向]モヘアのタムヤーンが多かったです。
      太番手から細番手までありましたが特に多かったのは、
      1/10〜1/13の番手のものです。
      ストックサービスで展開している所が多かったですね。

      ファンシーヤーンも多くあり、
      リリヤーンは相変わらず多くありました。
      目立ったのはローゲージ用のファンシーヤーンです。
      さまざまな編み組織で使われてました。
      太い糸はアクセントとして使えますしね。



[大]今回のテーマはECOですが、
      どんなエコ素材がありましたか?


[向]無農薬の土地で育った羊(エコウール) ・草木染めバイオ加工       の糸など
      各ブースでオリジナルのものが見られました。


[大]トレンドカラーの傾向や編み地の使われ方は
      どんな感じでしたか?


[向]トレンドカラーの使い方は各ブースによって、
      ナチュラル系のオフシロやライトベージュ・ベリーペールトーンで       統一しているブースと
      ディープカラーの配色使いや鮮やかな強めのカラーで統一       したブースの2つに分かれていましたね。



[大]どんな編み地が多かったですか?

[向]プリントされた編み地が多くありました。
      箔プリントはもちろんありましたが、顔料プリントが目立ち、
      ニット地の総柄プリントなど、広範囲でのプリントが多かったです。

      他には、さまざまな圧縮ニットバリエーション加工が
      見られました。
      圧縮ニットブームですね。

      糸にスプレーでプリントした糸もあり、編み地にするとメランジに
      見えるんですよ。

[大]へー、おもしろそうですね。染めではなくプリントで意匠糸の       効果をだすんですね。

      どうもありがとうございました。



今回のテーマ「Eco...Equo...Friendly」



トレンドブース



草木染めのブース



各ブースのトレンドカラー



圧縮ニット


中国・四川省から感謝状が届きました。

2008年5月12日、中国四川省で発生した大規模な地震の援助の為に寄付金を送り、
先日その感謝状が届きました。

地震から2ヶ月たった現在でも、復旧に向けての動きをニュースで見ます。
一日でも早く復旧できる日を心より願っています。




「MARUYASU Knit GALLERY」のバックナンバーが
丸安毛糸のホームページから見られるようになりました。
ぜひ、見てみてください。
www.maruyasu-fil.co.jp/magazine/index.html



「MARUYASU  Knit  GALLERY」は08年4月よりテキスト形式を中止いたしました。
    今後もHTML形式のみでお届けします。


今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

素朴な疑問大歓迎です!
調べて、お答えいたします!
スワッチ・BOOK依頼も大歓迎です!

●メルマガのご意見ご感想・スワッチ、BOOK依頼・はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp

●送信停止のご要望はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
(タイトルに、配信不要とだけ書いてください。)   


MARUYASU corporation

大久保 千聖   CHISE OHKUBO
TEL   81-3-3633-5561
FAX   81-3-3633-5531
www.maruyasu-fil.co.jp
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp