vol.30  「 シルクのお話 」 その2
こんにちは!
丸安毛糸株式会社・素材企画部の小林康子です。

今回はvol.15「シルクの種類」でお伝えできなかったシルクの特徴などをお話します。

シルクには、
「生糸(キイト)」
「絹紡糸」
「絹紡紬糸(ケンボウチュウシ)」
「柞蚕糸(サクサン、タッサーシルク)」
などなど、
色々な種類があることはご紹介しましたが、シルク共通の共通点として「軽くてふくらみがあってしなやか」という特徴があります。

なぜそんな風合いになるかというと、シルクの複雑な構造のおかげです。
合成繊維ではけっしてできないミクロの世界です!

シルクは約0.2ミクロンの「フィブリル」が束になった「フィブロイン」のまわりを「セリシン」というのりのようなものでおおわれています。
ちょうど海苔で巻いた”そばずし”のような構造です!
(海苔が「セリシン」でそばが「フィブリル」です)
すべてたんぱく質です。

セリシンの中でフィブリルが細かくねじれあっていることで、光が複雑にに屈折してあのきれいな光沢になったり、フィブリルの細かいすき間のおかげでふくらみと保温性が生れます。

蚕はすごいですね。

シルクについてはまた次の機会にとりあげたいとおもいます。
NEWS!!

「MARUYASU Knit GALLERY」のバックナンバーが
丸安毛糸のホームページから見られるようになりました。
ぜひ、見てみてください。
http://www.maruyasu-fil.co.jp/magazine.html

丸安毛糸の新入社員、大久保千聖のブログができました!
みなさん、あたたかい目で見守ってあげてください・・・

http://blog.goo.ne.jp/chise-maruyasu/

「MARUYASU  Knit  GALLERY」は3月16日配信予定のvol.7から、
HTML形式でお届けします。
テキスト形式をご希望の方は、お手数ですが
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
までご連絡ください。
素朴な疑問大歓迎です!

●メルマガのご意見ご感想はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp

●送信停止のご要望はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
(タイトルに、配信不要とだけ書いてください。)   


MARUYASU corporation

小林 康子   YASUKO KOBAYASHI
TEL   81-3-3633-5561
FAX   81-3-3633-5531
www.maruyasu-fil.co.jp
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp