vol.308  「好みの風合いに仕上げられるニット強縮加工の魅力」

こんにちは、ヤーンアドバイザーの大久保千聖(おおくぼ  ちせ)です!


今週はクリスマス。早めにイルミネーショを見に行きました。

クリスマス気分を味わって、幸せな気持ちになりました。
ジングルベルのクリスマスソングがずっと頭に残っています。




***年末年始  休業日のお知らせ***

2014年12月27日(土)〜2014年1月4日(日)は休業とさせて頂きます。

また、弊社営業日と、出荷元・倉庫の営業日は異なりますので、
ご希望日にお届けできない可能性があります。
お早目のオーダーをお願いします。




今年30回目  最後のメルマガです!



好みの風合いに仕上げられるニット縮絨加工の魅力



ニット地は、仕上げの縮絨加工により、好みの風合いに仕上げることが可能です。


縮絨加工と一言にいっても洗い方の方法によってさまざまです。
<軽縮(けいしゅく)>・<縮絨(しゅくじゅう)>・<強縮(きょうしゅく)>と三段階に別れています。
企画に合わせた好みの風合いに仕上げるために、選択する必要があります。


縮絨の詳しくは、福田がブログに書いていますので、そちらも合わせてご覧ください。
「ニットの縮絨って、どんな加工なの?」はこちら>>>



では、
実際の編地にどのような違いが出るのでしょうか?



カベ形状のファンシーヤーン
”バルーンリング6”(1/6  ウール60%バルキーアクリル25%ナイロン15%)の編地を使ってご紹介します。


●縮絨  洗い=弱水流で5分〜10分の場合↓↓↓

適度な縮みが入り、ふっくらと仕上がります。
セーター・カーディガンなど定番のニットに最適な風合いです。




●強縮絨  洗い=強水流で15分の場合↓↓↓

縮絨加工は、洗う加工時間を長くし、毛と毛が絡み合って縮む原理を利用した加工です。
この現象をフェルト化とも言います。


目が詰まり、フェルト生地のような風合いになりました。
薄手のジャケットやワンピースなどに適しています。




●強縮絨  洗い=強水流で25分の場合↓↓↓

目がかなり詰まり、分厚いフェルト生地のような風合いになりました。
透け感が全くないので厚手のジャケットやコートに適しています。

同じ強縮絨という指示だけでも、洗う時間を多くするだけで、毛と毛が良く絡み合うのでよりフェルト化します。
作りたい製品によってどのくらい目を詰めたらよいのか。
ということも重要になってきます。






3つを比べてみると、その差がよくわかりますね。




この糸はカベ形状の素材なので、
編地に細かいしぼしぼが見えたり縮まなかったアクリルの部分はチラチラみえたり、と
表情の豊かな編地が出来ました。


今回使用した素材”バルーンリング6”(1/6  ウール60%バルキーアクリル25%ナイロン15%)は
すぐ使えるカラーストック素材です。↓↓↓




ニット企画の参考にして頂けたら嬉しいです。

☆いつもメルマガを読んでいただきありがとうございます☆


★スタッフブログ  毎日配信中★



ニット糸の事・ニット製品の事などニットの仕事に役立つ情報を発信しています!

今週のおすすめブログは、こちら↓↓↓


●成型ニットに欠かせない技法。↓↓↓
覚えておきたいニット用語〜増やし目減らし目〜


●来年の7月6日に丸安毛糸は創設60年を迎えます。↓↓↓
両国の地に60年 丸安毛糸の歴史をちょっぴりご紹介します!




社長ブログ↓↓↓
「両国の老舗ニット会社社長「ニット」こと岡崎博之の気づき」

  社長のブログはこちら>>>




丸安毛糸の新素材はホームページからご覧頂けます。





最後まで読んでいただきありがとうございます。

素朴な疑問大歓迎です!
調べて、お答えいたします!
スワッチ・BOOK依頼も大歓迎です!

●メルマガのご意見ご感想・スワッチ、BOOK依頼はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp

●送信停止のご要望はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
(タイトルに、配信不要とだけ書いてください。)

●お問い合わせはこちら●
TEL   81-3-3633-5561
FAX   81-3-3633-5531
www.maruyasu-fil.co.jp
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
  


発行者:大久保 千聖   CHISE OHKUBO



facebook始めました!
お気軽にお友達申請どうぞ♪