vol.319  「2016春夏ファンシーヤーンはブークレーヤーンがおすすめの理由」

こんにちは、ヤーンアドバイザーの大久保千聖(おおくぼ  ちせ)です!


梅雨の季節はいかがお過ごしでしょうか?


6月の花と言えば、太陽よりも雨が似合うアジサイ。

アジサイには、100種類以上もあるそうです。
先日、アジサイ祭りに行ってきました。見たことないアジサイに感動しました。




★重要なお知らせ★
弊社  ストックサービス単価表は2015年7月1日より改正します。
新しい単価表をご確認お願いします。





春夏のファンシーヤーンはブークレー形状がおすすめ!



春夏素材 企画真最中の方も、これからの方も
この春夏素材で注目して頂きたい形状の糸が”ブークレーヤーン”です。


フィレンツェで行われた糸の展示会「PITTI  FILATI」でもこの形状は注目されていました。
なぜブークレーヤーンが注目されているのか理由をご紹介します。




まずは、ブークレーヤーンとはの説明から・・・

●ブークレーヤーンとは
ブークレーBoucleはフランス語です。「輪・輪になる・輪になった」という意味です。
輪の形状が続いている糸形状を表しています。
同じような表現を英語では”Loopループ”といいます。



●ブークレーとループの違い
輪という意味が”ブークレー”がフランス語で”ループ”が英語なので、違いはありませんが
日本の場合、ループの細かさで使い分ける場合があります。

ループが細かいのを”ブークレーヤーン”
ループが大きいものを”ループヤーン”といいます。

図解すると↓↓↓







●ブークレーヤーンがおすすめの理由

春夏のニットは、清涼感が好まれます。

清涼感をだすには、糸を細くしたり、撚りを強く入れたりするので、
糸形状がより細く・ストレートに近い形状になります。

こうゆう糸はスッキリとした見た目で良いと思いますが、
スッキリとしてしまったが故に平坦で、何か物足りない・・・
と思ったことはありませんか?


スッキリ見せたいけど、スッキリ過ぎても・・・という時におすすめなのが
少し形状変化のある”ブークレーヤーン”です。


細かいループが、ほんのり表情感を持たせてくれます。



ブークレヤーンの編み目はこんな感じ↓↓↓


ブークレーヤーンの編地は、タオル地のような心地良い風合い・着心地になります。



●ブークレーヤーンならこの素材
ブークレーヤーン使ってみたいなと思った方へ
おすすめの素材が”Rambutan ランブータン”1/33  綿53%  麻22%  ナイロン25%。

2016春夏新素材です。

@1/33と極細番手なので、14G-12Gとハイゲージに対応します。
A麻が入っているので、清涼感があります。麻のハリ感がループ形状を程よく残こします。
B春夏素材には欠かせない、洗える素材です。
C豊富な色数のストックサービス素材なので、今すぐ試編みができます。


こんな色で展開しています。↓↓↓




ぜひ、ニット企画の参考にしていただければと思います。
他の春夏素材はこちらご覧いただけます。



☆いつもメルマガを読んでいただきありがとうございます☆


Love  Knit

と題して、今まで以上に、愛着を持って、ニットに接していきたいと思っています。
愛着を持って… 大切にする。 大事にする。 愛情をもつ。
など、色々な意味合いがあると思いますが、愛着を持って… 大切にする。 大事にする。 愛情をもつ。
など、色々な意味合いがあると思いますが、丸安スタッフが考えるLove  Knitを動画でご紹介します。


Love Knit動画はこちらから>>>




社長ブログ↓↓↓
「両国の老舗ニット会社社長「ニット」こと岡崎博之の気づき」

  社長のブログはこちら>>>




丸安毛糸の新素材はホームページからご覧頂けます。





最後まで読んでいただきありがとうございます。

素朴な疑問大歓迎です!
調べて、お答えいたします!
スワッチ・BOOK依頼も大歓迎です!

●メルマガのご意見ご感想・スワッチ、BOOK依頼はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp

●送信停止のご要望はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
(タイトルに、配信不要とだけ書いてください。)

●お問い合わせはこちら●
TEL   81-3-3633-5561
FAX   81-3-3633-5531
www.maruyasu-fil.co.jp
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
  


発行者:大久保 千聖   CHISE OHKUBO



facebook始めました!
お気軽にお友達申請どうぞ♪