vol.58  「 綿番と毛番の違い 」 のお話。
こんにちは!
丸安毛糸株式会社・素材企画部の小林康子です。

今回は社内からの質問があった、綿番と毛番の違いについてお話したいと思います。
確かに、同じ糸でも綿番表記したり、毛番表記したりするのでややこしいですよね。
通常は、
分母が大きくて、分子が小さいのが毛番(例.2/48(よんぱちそうし))
分母が小さくて、分子が大きいのが綿番(例.40/2(よんまるそうし))
という風に見分けることができます。
(例外もあるのでご注意を!)

まず、何が違うかといいますと、
紡績の方法が違います
毛番で表示するもので代表的なのは梳毛です。
梳毛は、梳毛紡績でひいたウールを言いますが、梳毛紡績は繊維長が長くないとひけません
(約76mm)

それに対してコットンは、繊維長が長いものでも4センチほどしかありません(38mm)。
なので、梳毛の紡績の機械ではひくことができないので、綿紡績でひくことになります。
綿紡績でひいたものは、綿番手で表示します。

しかし!
綿紡績でひいたものも、毛番で表示することがあります。

たとえば、丸安毛糸の人気素材「Khufu 602」と「Khufu 402」を例にとると、
「Khufu 602」は毛番の2/100と表記していますが、本当は綿番の60/2です。
(綿番60/2=60×1.7=102なので、毛番で約2/100と表示)
「Khufu 402」は毛番の2/68と表記していますが、本当は綿番の40/2です。
(綿番40/2=40×1.7=68なので、毛番2/68と表示)

なぜ毛番にするかというと、綿番よりも毛番のほうが、適正ゲージなどに当てはめやすいのと、
毛番のものと比べやすいという理由で、わざと毛番に直して表示しているわけです。

ほかに、麻番手というのがありますが、これはvol.53「リネンのお話」その2でお伝えした、
「潤紡」というこれまた特殊な紡績方法でひいたものが麻番手になります。
(麻番40/2=40×0.6=24なので、毛番2/24と表示)
麻番手で表示するのは、潤紡でひいたリネン100%のものです。

また、糸には、紡績だけでなく、
違う素材を撚糸で組み合わせる素材もあります。

たとえば、
丸安毛糸のまたまた人気素材「Mellow Linen メローリネン」は、
毛番1/72のウール100%と、麻番60/1のリネン100%を撚って作っています。
このように違った番手のものを撚りあわせた場合、まず、それぞれをデニールに直します

毛番1/72=9000÷72=125デニール

麻番60/1=60×0.6=36 毛番1/36になるので
毛番1/36=9000÷36=250デニールとなります。

そして、125デニール+250デニール=375デニールなので
総合番手は
9000÷375=24 毛番1/24となるわけです。

ファンシーヤーンも同じで、いろいろな糸を組み合わせて作る素材は、
わかりやすくする為に、すべて毛番で表記します。

今回もつたない説明ですみません・・・・
ご質問おまちしています!

☆ごあいさつ☆

今回のvol.58をもちまして、
小林は「MARUYASU Knit GALLERY」を卒業することになりました!
読んでいただいた皆様には、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!

来週からは、現在ブログを担当している大久保 千聖がメルマガを担当します。
これからも引き続きよろしくお願い致します!

NEWS!!

16.5μのスーパーエキストラファインウールを100%贅沢に使用した、
「 Luminous ルミナス 2/60 」に、
TOPメランジカラーライトグレーチャコールグレーが登場しました!!
TOPカラーなので、ますます風合いもよく、カシミヤのようなタッチです!
ぜひ、担当営業にお問い合わせください。

「MARUYASU Knit GALLERY」のバックナンバーが
丸安毛糸のホームページから見られるようになりました。
ぜひ、見てみてください。
http://www.maruyasu-fil.co.jp/magazine.html

丸安毛糸の新入社員、大久保千聖のブログができました!
みなさん、あたたかい目で見守ってあげてください・・・

http://blog.goo.ne.jp/chise-maruyasu/

「MARUYASU  Knit  GALLERY」は3月16日配信予定のvol.7から、
HTML形式でお届けします。
テキスト形式をご希望の方は、お手数ですが
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
までご連絡ください。
素朴な疑問大歓迎です!

●メルマガのご意見ご感想はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp

●送信停止のご要望はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
(タイトルに、配信不要とだけ書いてください。)   


MARUYASU corporation

小林 康子   YASUKO KOBAYASHI
TEL   81-3-3633-5561
FAX   81-3-3633-5531
www.maruyasu-fil.co.jp
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp