vol.60  「 繊維の加工のお話 」
こんにちは!
丸安毛糸株式会社・素材企画部の大久保千聖です。

次回に引き続き今回が第2回目のメルマガになります。
どんどん質問・意見お待ちしています。







今回は、綿糸の加工の一つである「シルケット加工」に ついて、お話します。

綿の繊維を”苛性ソーダ溶液”という名前の溶液につけると、 綿の繊維は、膨潤します。

膨潤した繊維を引っ張ると・・・
綿の繊維の断面の”楕円形”が、シルクの断面のような ”三角形”に変化させます。(図添付)

つまり、シルケット加工とは、綿シルクのようにする加工 のことです。

ですから、名前も”シルケット”です。

シルクの繊維の特徴は、光沢や艶、ハリなどが 思い浮かびます。シルケット加工された綿の糸は、 光沢と艶、ハリが出てきます。

他の効果として、綿糸の毛羽が防げたり、染色の色も出やすく なったりします。
形状が安定するので、ストレッチ性が出たりする場合もあります。

綿の他にも、同じセルロース系の繊維ならシルケット加工が使えます。
バンブー(竹)シルケットなどがそうです。


夏は、綿の糸が多く出ます。カジュアルに見えがちな、綿を シルクのような高級感を持たせる加工は、多く見られます。

MARUYASUコレクションでも、シルケット加工の糸は、 出しています。
・SKY  MG    1/17  綿100%
・Bahia      1/6.7  綿100%

です。
NEWS!!

16.5μのスーパーエキストラファインウールを100%贅沢に使用した、
「 Luminous ルミナス 2/60 」に、
TOPメランジカラーライトグレーチャコールグレーが登場しました!!
TOPカラーなので、ますます風合いもよく、カシミヤのようなタッチです!
ぜひ、担当営業にお問い合わせください。

「MARUYASU Knit GALLERY」のバックナンバーが
丸安毛糸のホームページから見られるようになりました。
ぜひ、見てみてください。
http://www.maruyasu-fil.co.jp/magazine.html

「MARUYASU  Knit  GALLERY」は3月16日配信予定のvol.7から、
HTML形式でお届けします。
テキスト形式をご希望の方は、お手数ですが
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
までご連絡ください。
素朴な疑問大歓迎です!

●メルマガのご意見ご感想はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp

●送信停止のご要望はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
(タイトルに、配信不要とだけ書いてください。)   


MARUYASU corporation

大久保 千聖   CHISE OHKUBO
TEL   81-3-3633-5561
FAX   81-3-3633-5531
www.maruyasu-fil.co.jp
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp