vol.63  「 糸の繊度 」 のお話
こんにちは!
丸安毛糸株式会社・素材企画部の大久保千聖です。

2008SSの素材プレゼン真っ最中です。お客様の意見を直接聞ける大切な機会です。

2008-2009AWの企画を始めていかないとという時期にも入ってきました。2008-2009AW・・・考えています。

5月のゴールデンウィークも終わり、最近は気温も高くなり夏らしい日が続きます。

ゴールデンウィークは、実家に帰りまして・・・
自然を満喫でした。

4連休はあっという間でしたが、余暇というのは、 リフレッシュするのにとても大切なんだと実感です。

まだ5月なのに、夏のような暑さ!というこの頃・・・
気温の変化で体調を崩さないようにしたいものです。

今回は、毛素材の糸の”繊度”についてのお話です!


繊度とは?

糸の太さです。糸の太さというと番手で表しますが、 糸の原料の太さは、 「μ」(マイクロ) と表します。

「μ」(マイクロ)とは?

数字的には、百万分の一です。(なんだか検討がつかない数字です)

例えば・・・19.5μの羊毛を46本引き揃えて撚ったのが「2/48」になります。

この数値が、低い程繊維が細いことを表します。
繊維が細いほど、柔らかく高級なのです。

糸というのは、
同じ番手でも、細い繊維を何本も引き揃えた糸の方が柔らかく、しなやかです。
もとの原料が細いほど、より柔らかい糸が作れるわけです。
この、「μ」(マイクロ)という表記の毛素材をご紹介しようと 思います。


・羊毛       ・・・16.0μ〜40.0μ
・カシミヤ   ・・・14.5μ〜16.5μ
・アンゴラ  ・・・12.0μ〜14.0μ
・キャメル  ・・・15.0μ〜24.0μ
・アルパカ ・・・23.0μ〜28.0μ
・モヘア    ・・・24.5μ〜40.0μ


アルパカやモヘアは、
大人の毛(アダルト)と子供の毛(キッド・ベビー) と分かれています。子供の毛の方が、細く柔らかです。


一般的な毛素材は、上記の通りですが、
メルマガ(Vol/20「憧れのヴィキューナ」)でも、ご紹介した、
”ヴィキューナ”は天然の動物繊維としては、最も細い「10μ〜14μ」です。

中には、例外の素材もありまして・・・
室内で飼われた羊毛で、しかも羊に毛を守るための洋服 を着せて、大切に育てられた羊は、
「15.5μ」とカシミヤ並です。


羊毛の繊度についてさらに詳しくご紹介します。

・メリノウールと呼ばれる羊毛は、通常が23.0μです。
・ウールがチクチクするというのは、30μの繊維が5%以上 入ってると、肌に刺さると言われます。
・下着に使用されるウールは、19.0μ以下のものが通常です。


ウールの「μ」(マイクロ)の感覚が掴めたでしょうか?

丸安毛糸でも、16.5μのウールをはじめ、18μ〜19μクラスの ウールを使用した糸を提案しています。

是非!!
NEWS!!

16.5μのスーパーエキストラファインウールを100%贅沢に使用した、
「 Luminous ルミナス 2/60 」に、
TOPメランジカラーライトグレーチャコールグレーが登場しました!!
TOPカラーなので、ますます風合いもよく、カシミヤのようなタッチです!
ぜひ、担当営業にお問い合わせください。

「MARUYASU Knit GALLERY」のバックナンバーが
丸安毛糸のホームページから見られるようになりました。
ぜひ、見てみてください。
http://www.maruyasu-fil.co.jp/magazine.html

「MARUYASU  Knit  GALLERY」は3月16日配信予定のvol.7から、
HTML形式でお届けします。
テキスト形式をご希望の方は、お手数ですが
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
までご連絡ください。
素朴な疑問大歓迎です!

●メルマガのご意見ご感想はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp

●送信停止のご要望はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
(タイトルに、配信不要とだけ書いてください。)   


MARUYASU corporation

大久保 千聖   CHISE OHKUBO
TEL   81-3-3633-5561
FAX   81-3-3633-5531
www.maruyasu-fil.co.jp
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp