vol.64  「 テープヤーン 」 のお話
こんにちは!
丸安毛糸株式会社・素材企画部の大久保千聖です。

今週も2008SSの素材プレゼン真っ最中です。

一方、5月展も始まりまして、秋冬物を見つつ
次のAW(2008-2009AW)は、どうしようか・・・と、考えています!


今回は、ファンシーヤーンの種類をさらに細かくご紹介しよう と思います。
ファンシーヤーンは、形状によって種類が分かれていますが、 作る方法によっても名前が変わったりします。


テープヤーンテープ形状の糸の説明をしたいと思います。
扁平(平べったい)形状という言い方もします。

テープヤーンは、ファンシーヤーンの一つですが、
テープヤーンを作るにあたって色々な方法があります。


・リリヤーンタイプ・・・リリヤンの機械で編みます。普通のリリヤーンは、筒状の丸いものですが、
それを、潰して平らにしたものです。

テープ形状の糸では、一番柔らかく仕上がります。
綿を使用した物が、多くあります。

(Bahia バヒア 1/6.8 ・・・綿 100%)


・スピンテープ・・・・・靴ひもと同じ形状です。スピンテープを編む機械で作ります。
三つ編みの本数が増えた感じです。

リリヤーンタイプのものよりかは、硬くしっかりとした風合いです。

(Caliza カリッサ 1/4.5 ・・・綿 100%)


・リボンタイプ・・・・・・リボンと同じ形状です。織物です。

薄くて、ハリのある糸に仕上げることが多いです。

(Raytec Ribbon レイテックリボン 4ミリ ・・・レーヨン 70% ポリエステル 30% )


・カットタイプ・・・・・・織物の生地状のもの・編み地状・紙状・不織布
などの平面状のものをカットしたものです。

紙繊維のものやフィルムがあります。


・ラッセルタイプ・・・・経て編みのラッセル機を使ったものです。

レース感のあるものがあります。


糸の形状が平らなので、天竺を編むと糸の平らな面がひっくり返ったりするので、
目面がキレイには見えませんが、タックなどの柄にしたりなど、
テープの形状が分かるものがおすすめです。

膨らみのない糸になるので、サラッとしたタッチで春夏には最適のファンシーヤーンです!

↓↓↓おすすめテープヤーンです!↓↓↓

!!NEWS!!

綿シルクのストックサービス「Palece パレス」製作中!!

”トルファン綿(超長綿)”80%に”ペニーシルク”を20% ブレンドした 40/2(2/68) の糸です。

上品な光沢と超長綿のやわらかさが特徴です。

30色を予定しております。
ご期待下さい!!


NEWS!!

16.5μのスーパーエキストラファインウールを100%贅沢に使用した、
「 Luminous ルミナス 2/60 」に、
TOPメランジカラーライトグレーチャコールグレーが登場しました!!
TOPカラーなので、ますます風合いもよく、カシミヤのようなタッチです!
ぜひ、担当営業にお問い合わせください。

「MARUYASU Knit GALLERY」のバックナンバーが
丸安毛糸のホームページから見られるようになりました。
ぜひ、見てみてください。
http://www.maruyasu-fil.co.jp/magazine.html

「MARUYASU  Knit  GALLERY」は3月16日配信予定のvol.7から、
HTML形式でお届けします。
テキスト形式をご希望の方は、お手数ですが
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
までご連絡ください。
素朴な疑問大歓迎です!

●メルマガのご意見ご感想はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp

●送信停止のご要望はこちら●
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp
(タイトルに、配信不要とだけ書いてください。)   


MARUYASU corporation

大久保 千聖   CHISE OHKUBO
TEL   81-3-3633-5561
FAX   81-3-3633-5531
www.maruyasu-fil.co.jp
maruyasu-fil@maruyasu-fil.co.jp